RemotePCの機能やリモートアクセスについて、よくある質問をまとめました。

    セキュリティ

    一般

    FAQ RemotePCはプライベートで安全ですか?
    FAQ RemotePCは、ファイアウォールやプロキシサーバーを経由して動作しますか?
    FAQ 自分のコンピュータへの不正なアクセスを制限するにはどうしたらいいですか?
    FAQ パーソナルキーとは何ですか?リモートアクセスのセキュリティにどのように役立つのですか?
    FAQ RemotePCでのデータ転送のセキュリティはどうなっていますか?
    FAQ ファイル転送時にデータは暗号化されていますか?
    FAQ 機密情報の提供を求められることはありますか?
    FAQ RemotePCが使えません。私のISPがブロックしているのでしょうか?
    FAQ RemotePCはFIPSに準拠していますか?

    2段階認証と信頼できるデバイス

    FAQ RemotePCアカウントに2段階認証を設定するにはどうすればいいですか?
    FAQ RemotePCアカウントで、時間ベースのOTP認証による2段階認証を設定するには?
    FAQ RemotePCが対応しているTime-based OTP認証アプリを教えてください。
    FAQ 携帯電話へのアクセスができなくなった場合に備えて、タイムベースのOTP認証を用いたRemotePCアカウントの2段階認証を無効にすることはできますか?
    FAQ トラステッドデバイスとは?
    FAQ 自分のデバイスをTrusted Deviceとして認証するにはどうすればいいですか?
    FAQ 自分のアカウントで、信頼できるデバイスと二段階認証の両方を有効にすることはできますか?
    FAQ ユーザーの2段階認証や信頼できるデバイスを有効にすることはできますか?
    FAQ 二段階認証のワンタイムパスワードが入ったSMSを受信できません。どうすればいいですか?

    RemotePCはプライベートで安全ですか?

    はい、RemotePCは、リモートコンピュータにアクセスするための安全で最適なソリューションを提供します。RemotePCは、TLS v 1.2/AES-256暗号を使用して、リモートコンピュータとローカルコンピュータの間でユーザー認証データを転送します。各コンピュータに設定された固有のパスワードであるパーソナルキーは、追加の保護層として機能します。

    RemotePCは、ファイアウォールやプロキシサーバーを経由して動作しますか?

    はい、RemotePCでは、あらゆる種類のインターネット/LAN接続や、あらゆるファイアウォール/プロキシサーバーを介してコンピュータを共有することができます。

    自分のコンピュータへの不正なアクセスを制限するにはどうしたらいいですか?

    セッションコードを他の人と共有しないと、あなたのコンピューターにアクセスできません。セッションコードを知らなければ、コンピュータにアクセスすることはできません。信頼できない人とはセッションコードを共有しないでください。

    パーソナルキーとは何ですか?リモートアクセスのセキュリティにどのように役立つのですか?

    パーソナルキーは、各コンピューターにアクセスするための二次的なパスワードとして機能します。これは、あなたが設定したパスワードで、あなたのコンピュータの固有のアクセスコードとして機能します。このキーは、あなたのコンピュータにのみ保存され、RemotePCのサーバーには保存されません。リモートコンピュータにアクセスしようとすると、必ずパーソナルキーを入力するように促されます。

    RemotePCでのデータ転送のセキュリティはどうなっていますか?

    RemotePCは、リモートセッション中のローカルコンピュータとリモートコンピュータ間のデータ転送の安全性を確保するために、TLS v 1.2/AES-256暗号を使用しています。

    ファイル転送時にデータは暗号化されていますか?

    はい。RemotePCは、リモートアクセス時のデータ転送にTLS v1.2/AES-256の暗号化を使用しています。

    機密情報の提供を求められることはありますか?

    ログイン情報を求めたり、支払いを要求するなどの電話をかけることはありません。このような電話を受けた場合、それはフィッシングの可能性があります。このような場合、いかなる情報も共有せず、直ちに下記の連絡先にご連絡ください。 [email protected].に連絡して、速やかにサポートを受けてください。

    RemotePCが使えません。私のISPがブロックしているのでしょうか?

    リモートPCをはじめとするリモートアクセスサービスが、ご利用のISPによってブロックされている可能性があります。英国のTalkTalkもそのようなISPの一つです。このような状況は、ルータの設定を変更して、TalkTalk以外のプライマリサーバとセカンダリサーバを使用することで解決できます。例えば、8.8.8.8のようなGoogleのパブリックDNSのIPアドレスを使用することができます。

    RemotePCはFIPSに準拠していますか?

    RemotePCは、米国で使用されている暗号製品/ソフトウェアのFIPS(Federal Information Processing Standards)バリデーションで定められているベンチマークへの準拠をサポートします。RemotePCは、FIPSが承認した暗号化アルゴリズムを使用し、物理的なセキュリティを遵守しています。

    RemotePCアカウントに2段階認証を設定するにはどうすればいいですか?

    二段階認証プロセスは、お客様のアカウントのセキュリティを強化し、権限のない者によるアクセスを防止します。二段階認証を有効にすると、パスワードに加えて、登録したメールアドレスまたは電話番号に送信される認証コードを、RemotePCへのログイン時に入力する必要があります。

    2段階認証を有効にするには

    1. ウェブブラウザでRemotePCにログインし、画面右上のユーザー名をクリックします。
    2. マイアカウント」を選択し、「セキュリティ」タブに移動します。
    3. 2段階認証」セクションで、「有効」をクリックします。

      リモートPC

    4. メールアドレス」、「電話番号」、「タイムベースOTP認証」のいずれかを選択し、「確認」をクリックします。電話番号」を選択した場合は、「電話番号」を入力して「コードを送信」をクリックします。 Time-based OTP Authenticatorアプリでの設定方法はこちらをご覧ください。

      リモートPC

    5. 登録したメールアドレスまたは電話番号に送られてきた認証コードを入力し、「Verify & Enable」をクリックします。

    2段階認証を有効にした後にログインするには

    1. ログイン画面で、ユーザー名とパスワードを入力し、「Login」をクリックします。
    2. メールアドレスまたは電話番号に送信される認証コードを入力するよう求められます。
    3. コードを入力し、「Verify」をクリックします。

    4. リモートPC

    RemotePCアカウントで、時間ベースのOTP認証による2段階認証を設定するには?

    二段階認証プロセスは、お客様のアカウントのセキュリティを強化し、権限のない者によるアクセスを防止します。2段階認証を有効にすると、パスワードに加えて、モバイル機器にインストールされたTime-based OTP authenticatorアプリで生成された認証コードを、RemotePCへのログイン時に入力する必要があります。

    2段階認証を有効にするには

    1. ウェブブラウザでRemotePCにログインし、画面右上のユーザー名をクリックします。
    2. マイアカウント」を選択し、「セキュリティ」タブに移動します。
    3. 2段階認証」セクションで、「有効」をクリックします。

      リモートPC

    4. ワンタイム・ベリフィケーション・コードの受け取り方法として「タイムベースOTP認証」を選択し、「確認」をクリックします。 対応するTOTPアプリを見る

      リモートPC

    5. モバイル機器でTime-based OTP authenticatorアプリを起動し、パソコンの画面に表示されたQRコードを読み取る。または、「キーを手動で入力する」をクリックしてキーを表示し、モバイルデバイスでキーを手動で入力して「次へ」をクリックすることもできます。

      リモートPC

    6. 画面に表示されたリカバリーコードをコピーして保存するか、「ダウンロード」をクリックしてダウンロードし、.txtファイルとして保存します。Continue」をクリックします。

      注意してください。 回復コードは、時間制ワンタイムパスワード認証アプリがインストールされたモバイルデバイスにアクセスできなくなった場合に、アカウントの2段階認証を無効にするために必要となります。

      リモートPC

    7. Time-based OTP Authenticatorアプリで生成されたワンタイムコードをモバイルデバイスに入力し、「Activate」をクリックします。

      リモートPC

    Time-based OTP Authenticatorで2段階認証を有効にしてからログインする。

    1. ログイン画面で、ユーザー名とパスワードを入力し、「Login」をクリックします。
    2. モバイルデバイスのTime-based OTP Authenticatorアプリで生成されたワンタイムコードを入力するよう促されます。
    3. コードを入力し、「Submit Code」をクリックします。

      リモートPC

    RemotePCが対応しているTime-based OTP認証アプリを教えてください。

    RemotePCは、以下のTime-based OTP認証アプリに対応しています。

    1. Google Authenticator (Android/iPhone/BlackBerry)
    2. Duo Mobile (Android/iPhone)
    3. Microsoft Authenticator (Android/iPhone/Windows Phone 7)
    4. Okta Verify (Android/iPhone)
    5. タイムベースのワンタイムプロトコルに対応した他の認証アプリ、またはGoogle Authenticatorと互換性のある認証アプリ

    6. リモートPC

    携帯電話へのアクセスができなくなった場合に備えて、タイムベースのOTP認証を用いたRemotePCアカウントの2段階認証を無効にすることはできますか?

    はい、Time Based OTP認証のRemotePCアカウントの2段階認証を無効にすることができます。無効にするには

    無効にするには

    1. RemotePCのログイン画面に移動し、ユーザー名とパスワードを入力して、「Login」をクリックします。
    2. 表示される認証コード画面で、「I can't access my code」のリンクをクリックします。

      リモートPC

    3. Recovery Code」フィールドには、RemotePCアカウントの2段階認証を設定する際に受け取ったリカバリーコードを入力します。
    4. Deactivate Time-based OTP Authenticator」をクリックします。

      リモートPC

    トラステッドデバイスとは?

    信頼できるデバイスは、お客様のRemotePCアカウントに追加のセキュリティレベルを提供します。新しいデバイスからアカウントにログインするたびに、そのデバイスを信頼できるデバイスとして認証する必要があります。これにより、アカウントへの不要なアクセスを防ぐことができます。

    自分のデバイスをTrusted Deviceとして認証するにはどうすればいいですか?

    新しいデバイスで初めてRemotePCアカウントにログインすると、次のようなメッセージが表示されます。


    リモートPC

    登録したメールアドレスに、デバイス認証メールが届きます。このメールに記載されている「信頼済みデバイスに追加」ボタンをクリックして、デバイスを「信頼済みデバイス」リストに追加してください。確認メッセージが表示され、同じことが通知されます。

    リンクされたすべてのデバイスのリストは、「マイアカウント」セクションの「セキュリティ」タブで確認できます。


    リモートPC

    自分のアカウントで、信頼できるデバイスと二段階認証の両方を有効にすることはできますか?

    運用上、二要素認証と信頼済みデバイスのセキュリティ機能は相互に排他的です。したがって、ある時点では、2段階認証または信頼済みデバイスのいずれかを有効にすることができ、両方を有効にすることはできません。

    信頼済みデバイスが有効になっている状態で2段階認証を有効にしようとすると、信頼済みデバイスが自動的に無効になり、その逆も同様であることを示すポップアップ免責事項が表示されます。


    リモートPC

    ユーザーの2段階認証や信頼できるデバイスを有効にすることはできますか?

    はい、新規および既存のユーザーに対して、2段階認証や信頼できるデバイスを有効にすることができます。

    初めての方へ

    新しいユーザーを追加する際、「ユーザーの追加」画面で「信頼できるデバイスを有効にする」または「二段階認証を有効にする」のいずれかのチェックボックスを選択することができます。


    リモートPC

    既存のユーザーの場合
    をクリックすると、「ユーザー編集」画面が表示されます。 を既存のユーザーに対して表示し、「信頼できるデバイスを有効にする」または「二段階認証を有効にする」のチェックボックスを選択します。


    リモートPC

    2段階認証を有効にしている場合。
    ログイン時に、ワンタイムコードを受け取るための方法(メール、SMS、時間ベースのOTP認証)を選択するように求められます。ユーザーがOTPで認証情報を確認すると、設定プロセスが完了します。


    リモートPC

    次回以降のログイン時には、登録したメールアドレス、電話番号に送信されたコード、またはGoogle Authenticatorアプリに表示されたコードを入力する必要があります。OTPの受信方法を変更するには、「マイアカウント」>「セキュリティ」>「二段階認証」で、「電子メールアドレス」、「電話番号」、「時間ベースのOTP認証」のいずれかを選択してください。

    信頼されたデバイスが有効な場合

    ユーザーは、ログイン時に新しいデバイスを認証するよう求められます。ユーザーは、受け取ったデバイス認証メーラーの「信頼できるデバイスに追加」ボタンをクリックする必要があります。

    二段階認証のワンタイムパスワードが入ったSMSを受信できません。どうすればいいですか?

    2段階認証の際に、ワンタイムパスワードが記載されたSMSを受信できなかった場合は、メールアドレスで認証コードを受信することができます。2段階認証のページで「メールアドレスで認証コードを受け取る」をクリックしてください。登録したメールアドレスに検証コードが送信されますので、そのコードを入力して検証プロセスを完了してください。


    リモートPC